横須賀でドローン飛行試験している会社が安全保障上怪しい気配

本日の記事
横須賀の空、牛丼が飛ぶ 国内初、ドローン配送実験

横須賀でドローンというタイトルを見て、私は少々引っかかりました。

横須賀市には横須賀基地があります。
その周辺で堂々とドローンが飛行するリスクは果たして問題ないのかと不安になりました。

このドローン事業を牽引している「株式会社エアロネクスト」という会社が健全なのか気になりホームページを見てみると、予想通り中国現地法人をグループ会社に持っており中国と関係を持っていました。

株式会社エアロネクストの会社概要
魚拓

同社は2018年11月に中国の深圳で行われたコンテストをきっかけに深圳市南山区人民政府、深圳市ドローン産業協会、深圳清華大学研究院から支援が始まり、中国法人の設立に至ったとのこと。
政府機関からの支援であり、日本へ浸透するための支援である可能性が非常に高いです。

エアロネクストが中国市場進出、深圳市に現地法人を設立し川ノ上和文氏が総経理に就任
魚拓

そこで総合第3位と知的財産賞をダブル受賞したことをきっかけに、深圳市南山区人民政府、深圳市ドローン産業協会、深圳清華大学研究院からの支援が始まり、中国市場への参入の可能性を探ってきました。

同社も後ろめたいのか中国側から話があったのか、会社概要の沿革には2018年以降(中国のコンテスト前後)から更新がありません。
中国法人の設立という大きなニュースであれば通常は沿革に含めるはずです。

もし横須賀でドローン飛行が日常となってしまえば基地の監視や従業員の情報収集をはじめ、やろうと思えばある日武装ドローンで基地を急襲することも容易となります。
武装ドローンは既に実用化されており、中国の立場から考えればあとは世界各国に浸透させるのみです。

恐怖の進化を遂げた「中国製軍事ドローン」その驚きの実態

中国政府から明確に支援を受けている以上、同社に対する調査は必須だと考えます。

またグループ会社含め外資系や外資の出資を受けている企業は、国内におけるドローン事業参画を禁止するなどの安全保障対策が急務であると考えます。

こういった問題の根底にも日本のデフレが強く関係しています。
研究事業に対して政府が投資しないので日本企業は外資に依存し、その結果安全保障を脅かしています。
経済と安全保障は一体です。
それは中国と日本の現状が証明しています。